Apple, 日記

新型iPhoneの予約がスタートしました

待ちに待った新型iPhoneの予約受付が14日の16時過ぎより開始しました。
予定より10分くらい遅れてのスタートだったのかな?
この日はこのことで頭が一杯で仕事になりませんでした。
今回は新型iPhoneの価格と私が予約したモデルについての紹介です。
とりあえず当日受け取りで予約出来ましたので、一安心。




■今回のiPhoneのラインナップと価格のまとめ

私はキャリアで端末を買わない人間のため、いつも通りApple Storeにて予約しました。
ですので今回取り上げる価格もApple Storeでの価格です。
税抜き表示なところが多いのでここでは税込み参考価格も掲載しています。
※()内が税込み金額
キャリアで割引などを受けて購入される場合にはもう少し安くなるかと思いますので確認してみてください。

1.iPhoneXS

64GB:¥112,800(¥121,824)
256GB:¥129,800(¥140,184)
512GB(一番人気モデル):¥152,800(¥165,024)

2.iPhoneXS Max

64GB:¥124,800(¥134,784)
256GB:¥141,800(¥153,144)
512GB(一番人気モデル):¥164,800(¥177,984)

色はそれぞれにシルバー、スペースグレー、ゴールドがラインナップ
予約解禁からずっと眺めていましたが、Maxが一番最初に当日受け取り不可になった様子。
次にXSの大容量モデルが当日不可に…
こう見ると巷では高い高い言われていても、ファンは一番高いモデルや新しく追加されたモデルを購入するんだなあと感じましたね。

■私が予約したのは?

さて価格や色を紹介したところで私の予約したモデルについてです。
私はXSの256GBでゴールドを予約しました。
特に苦戦することなくスムーズに予約が完了。
だって予約開始してから20時過ぎても普通に予約出来ますもん…
まあこのモデルはそれこそiPhoneXと殆ど外観変わらないですからね。
実は今回Apple Watchの購入も考えていたのですが、iPhoneの予約が完了する頃には裏で予約終了していた…
しかもほぼ全てのモデルで…
皆さん好きですねえ。
今回はApple Watchから予約を進めるべきで、完全に計画負けしました。
なかなか難しいですね。
これについては、とりあえずビックカメラで予約出来たのでそちらでしておきました。




■1年使ったiPhoneを買い取りに出して半額で新型のiPhoneを

下取り金額が高いこともiPhone人気の高い日本ならでは。
今後はどうなるかは分かりませんが、なかなかAndroidに乗り換える人も少ないことでしょう。
私が昨年7Plusから8Plusに買い替えた時に前の機種を買い取りに出したところ、
8万弱の値段で買い取りをして頂きました。
この時はプラス2万位で新型に乗り換えられた計算です。
SIMフリーだったこともあり多少値段が考慮されたようです。
どうせ家に眠らしておいても使いませんし価値は下がりますからさっさと売って必要としている方に回した方が良いのです。
今回もその予定ですので、半額位では新型に買い換えられるかな?と思っています。
ちなみにその時買い取って頂いたのは近所のソフマップ。
ソフマップの金額なので高いところはもっと高値で買い取ってくれるのでは無いでしょうか?
毎年変えた方が気分も良いですよね!
何度も言いますが、これが出来るのは買い取り金額の高いiPhoneの特権。
AndroidだとOSのアップデートも1、2回で終わってしまうことが多い上に下取り金額も安いからこうはいかない。

■とりあえず今回も新型を発売日に買えそう

毎年発売日にiPhoneを買っているので即決で予約ぶち込みました。
年々高騰する価格に恐々としていますが、それを買っても許してくれる環境に感謝してます。
大きさにこだわりがありどうしてもSEとかのサイズが良いという方は残念な発表でしたね…
私もあのサイズが復活したら飛びついてます。
ただSEがラインナップから消えたことからももうあの大きさで出す気はしばらく無いのでしょうね。
もしかしたらあのサイズが欲しいのは日本人だけかもしれませんからね。
私が今回予約出来たのにMaxにしなかったのは、同サイズの8Plusが大き過ぎて使い辛かったため。
画面見やすいけど、携帯としては大き過ぎます。
大きい画面はiPadに任せて、iPhoneは小型なものをと考えての結論。
出来ることに8と8Plusみたいに出来ることに差がある訳でもありませんからね。
ああ金曜日が待ち遠しい。




日記

小学生の置き勉問題を考えてみた

大分前から問題として上っていました、
「置き勉禁止に関する問題」
について今回は考えてみたい。

■そもそも置き勉とは何か?

置き勉とは、文字通り勉強道具を学校に置いて帰宅することを指す。
置いて帰る理由は様々あるかと思います。
「重い」「そもそも帰っても勉強しない」等々
置き勉をすることによって私たち大人が抱く印象は、
「勉強道具を置いて帰っているなら帰って勉強なんてしていない」
「宿題はどうやって進めているのだろうか」等々

■置き勉の何がいけないのか

置き勉することによる児童川のデメリットは何か。
一つは勿論勉強道具を置いて帰宅しているのだから勉強が捗りにくくなることだろう。
ただし、塾や勉強へ親の介入がある場合には例外。
二つ目はやはりいじめや盗難の被害を受けるリスクがあることだろう。
集団行動をしている以上は色々な考え方の児童がいる。
残念ながらいじめの標的になってしまうケースも少なく無いはずだ。
いじめによる被害として教科書等を捨てられたり汚されたり、時には盗まれるということも。
主にこれらへの対策として置き勉を禁止する学校も増えてきた。
(必ずしもそうとは言えないが責任逃れの策の一つだろう)





■置き勉禁止による被害

置き勉が良く無い理由は述べたが、一方で置き勉をしないことによる問題は何か。
それは毎日大人でもびっくりするような重さの荷物を抱えて通学すること。
背負うランドセル等の重量などにより一概には言えないが、およそ5、6キロになることもしばしば。
これはスーパーなどで売られている米一袋と大体同じくらいの重さになる。
主婦の方々、これを持って帰宅するの結構しんどいですよね?
それと同じことを私たちより力も体も小さい子供達が毎日やっているのです。
そこで思い出してみてください。
私たちが小学生の頃、教科書や資料集ってどの位の大きさでしたでしょうか?
B5サイズの教科書と大きくてA4サイズの資料集という感じでしたよね。
今の小学生の教科書はA4サイズが主流のようで、ページ数は変わらないか増えているといいます。
勿論、資料集のページ数も増えています。
同じ教科書を持ち帰るという行為でも一冊一冊が重くなっていて、児童達の負担を増やしてしまっています。
学期末とかになると絵の具セットやら書道の道具やらを持ち帰らないといけないんですよね…
想像したくありませんが、このような苦行を児童達は大人に言われるがままにやっているのです。
文句の一つも言えず…

■ではこの問題を解決するにはどうしたら良いのだろうか…

学生なのだから、勉強道具を置いて帰ることはせずに持ち帰ってその日の復習を家に帰ってこなしなさいというのが大人の考えでしょう。
では私たちの生活に置き換えてこれを考えてみましょう。
私たちは普段会社に行って仕事をしていると思います(一部例外を除く)
ですが、家で仕事はしませんよね?
もしやっているのであればサービス残業でブラック企業認定です。
それと同じです。
そもそも宿題を義務にさせていることが問題なのです。
学習は自発的に行うように促すことが一番で、それを大人が押し付けて無理やりやらせてもそれは時間の無駄です。
頭に入りません。
もしどうしても置き勉させたく無いということであれば下記の動画をご覧になってください。




今時教科書なんてアナログ媒体を使用しているなんてそれこそ時代遅れもはいいとこ。
もう平成も終わるのですよ?
いつまで昭和の文化を引きずっているのでしょうか…
教科書も資料集もタブレット端末一台で事足りますよね?
なんなら工夫すればノートも要らないでしょう。
強いて言えば盗難や故障の心配がありますね…
特にまだ物心ついたばかりの児童が持ち運ぶものですからね。
ただ、私の周りから冊子というものが消え去ったことを考えると導入するメリットはあると思います。
プログラミングを教える前にタブレットの使い方を教えてそれでプログラミングなんていう段階の踏み方も良いと思います。
まあ書道くらいは授業としてあった方が良いと思いますので書道の道具位はやむ得ずですかね。
学校が配布するプリントも事前にPDFなどで直接保護者向けに送ってみてはいかがでしょうか。
今の時代メールアドレス位大人なら誰しも持ってますから。
持ち物がタブレット一台になればランドセル革命が起こりそうですね。

■最後に

今回は置き勉問題や教科書のタブレット化について持論を書き連ねました。
あくまで個人の意見を自由に述べただけですが、共感いただける部分も多いかと思います。
いかがでしたでしょうか?
私には子供はいませんので、現場の意見を直接聞いた訳ではありません。
ですが、置き勉により児童の体型悪化に繋がりますし、これでは暗に大人が児童を虐待しているようにしか見えません。
文部科学省を始め、各小学校の教員の方々にはこの問題について早急に取り組んで頂きたいと強く願っております。




Apple, スマホ, パソコン

毎年恒例のApple新製品発表会の日程が発表されました

9月に入りましたが、昨日?Appleファン待望の情報が飛び込んで参りました。
それが、
「Apple新製品発表会開催日程決定のお知らせ」
いやー今年もやって参りましたね、この時期が!
ファンが眠れない日が発表になりました。
今回は開催の決まった新製品発表会について色々まとめてみました。





■開催日時

9月13日AM2時(日本時間)

■発表内容(予想)

1.新型iPhone 3機種

昨年のiPhone Xの後継モデルは、おそらくパフォーマンスが強化され、より高性能のデュアルカメラとより長時間持続するバッテリが搭載されるでしょう。
有機ELディスプレイのスクリーンサイズは現行の5.8インチと同じ位になる可能性が高い。
そして、より大型の6.5インチのiPhone Xになるだろう大型端末iPhone X Plus(仮名)を開発していているらしい。
もしかしたらHUAWEIのような3眼カメラとか積んでくるかもしれませんね。
サムスンのGalaxy Noteシリーズに対抗するため、Apple Pencilのサポートが追加される可能性もあるかも?
3機種の中で最も低価格になると報じられているのは、6.1インチのモデル。
このモデルでは液晶ディスプレイが採用される可能性が高いらしいです。
背面カメラは1つしか搭載されない可能性があるともされています。

2.新型Apple Watch

Googleとサムスンは現在、スマートウォッチの競争を激化させています。
いち早く腕時計型端末に取り組んできたAppleには、ここで新型Apple Watchを大々的に発表して現状を変えなければならない、れっきとした動機があるでしょう。
より大きなディスプレイと物理的に押し込まなくてもいいクリックフリーのボタンの搭載が考えられます。
いずれも、Apple Watchが2015年に初めて登場して以来初めての大規模なデザイン刷新が期待されます。
少なくとも、AppleがwatchOS 5を秋にリリースすることは判明しています。
このOSには、フィットネス機能の改善、Apple Watch間でのトランシーバ機能、ポッドキャスト、およびサードパーティー製アプリのオーディオを本体で再生できる機能が含まれています。

3.新型iPad

Appleは2018年3月に最新のiPadを発表しました。
Apple Pencilのサポートとより高速なプロセッサを追加したことによって、エントリーレベルのiPadとそれよりも高価なiPad Proの差が大分縮まりましたね。
Appleは、iPad Proの高価格に納得感を持たせるような、iPhone Xのデザインからヒントを得た、ベゼルの縮小、ホームボタンの廃止、Face IDの追加等を検討しているらしいです。
また今回のアップグレードでは、スペックがある程度強化される可能性もあるそうです。

4.新型Mac製品

まずはずっとアップデートの無いMacBook Airでしょう。
MacBookといえば私も先日新型を購入しましたが、今年7月に新しい13インチと15インチのMacBook Proが登場したばかりです。
しかし、一部のAppleファンからは、MacBook Airを軽視しているとして、批判の声が出ています。(私はシビレを切らしてPro買いましたが…)
MacBook Airは10年近くの間、ほとんど変わっていません。
それだけプロダクトとしての完成度が高かったのでしょう。
しかし、噂によると、Appleは2018年から2019年に向けて、新しいコンピュータ製品を多数準備中だそうです。
Retina Displayを搭載したMacBook Airがようやく登場し、Appleのノートブック製品ポートフォリオの底にある大きな穴を埋めるかもしれません。

5.各種新OS

iOS 12
パブリックベータ版が6月に公開されたので、Appleはいつものスケジュールに従って、9月中旬に正式版を新型iPhoneと共にリリースになると思われます。
Siriの強化、FaceTimeの改善、ミー文字の追加に加えて、Appleはこのリリースで、古いiPhoneでの基本的なパフォーマンスの向上に注力したと言われています。

macOS Mojave
現在、パブリックベータ版として提供されているこの新OS。
例年通りであれば、新製品発表会の後に無料アップデートとしてリリースされるかと思います。
ダークモードやデスクトップのスタックから、新しいFinderビューやiOSでおなじみのいくつかの機能まで、多くの新機能が追加される模様。
Mojaveにアップデートすれば、Facebookや広告業者による追跡からユーザーを守るプライバシー機能もいくつか追加されると推察されています。

6.個人的に期待しているもの

AirPower
Appleさん、これだけはそろそろ発表してくれないでしょうか…
約1年前にこのAirPowerを発表しましたが、以来このことについて全く情報が出てこない。
端末がワイヤレス充電に対応するのだから純正でも充電器を出して欲しい。

ワイヤレス充電対応のAirPods(またはケース)
噂ではAppleがノイズキャンセリングやワイヤレス充電機能を備えたハイエンドのAirPodsを開発しているらしい。
これが発表されることになればいよいよワイヤレス充電器について発表しないとなあ。

■とにかく発表が楽しみですね

今回は、現状で予想される発表内容についてまとめてみました。
予想は予想ですが、とにかく関連する他社も注目する毎年のApple新製品発表会です。
良い意味で期待を裏切るような製品が出ることも期待しております。
個人的には新型のiPhoneとApple Watchは発表があれば購入を検討しています。
ホームボタンが無くなる風潮であるならばそれに乗っかってしまいます。
またiPadProもベゼルレスに近くなり、大きさそのままに画面が巨大化するのであれば検討したいです。
個人的にはiPadにはTouch IDよりもFace IDのほうが相性が良さそうですしね。
とにかく、9月12日から13日にかけての深夜は眠れない夜になりそうですね。
皆さん、寝不足にはご注意ください。




備忘録, 自己啓発

備忘録:アフィリエイトで大事なこと

こんにちは
今日はいつもお世話になっている方から有益な情報を頂きました。
このブログを読んでいる方はそこまでいらっしゃらないかと思いますが、私自身が忘れないように備忘録として残しておきます。

■アフィリエイトのお話

「悩みを解決することに人はお金を払う」
みなさんが何かを「買う」という行動を取るときはどんな時ですか?
スマホが古くなったから…
洗剤が無くなったから…
食材が足らないから…
カメラのレンズでもっと望遠域で使えるものが欲しいから(これ私)
まあ様々な理由があるでしょう。
アフィリエイトでも何でもそうですが、ビジネス(商売)においては、
「悩みを解決する」
という意識がとても重要です。

Point1.悩みはお金になる

人々が悩んでいることを知って、その悩みを解決できる商品を紹介することができ、その内容が読者の心に響けばアフィリエイトは成功します。




■私たちの身近にもアフィリエイト?は存在しています!

少し前ですが、ある有名レストランに行きました。
都内の一流高級フレンチのお店です。

・少し薄暗く間接照明のみの大人な雰囲気
・ガラス張りの向こうは都内の夜景が一望
・ベテランソムリエが僕に合うワインを選定
・高級感と洗練されたフルコースのフレンチ

想像するだけで素晴らしいでしょう?
ですが、やはり会計は2人で8万円弱…
さすが一流のレストラン、金額も一流。
特別な日でも無い限りはこんな奮発はしません。
はっきり分かりませんが、2人だけでもお店の利益は4~5万位は行くのでしょうか…
このお店を知ったきっかけは、私の前の勤務先の超グルメな上司からのおすすめ。
あそこのお店のフレンチは美味しいし、ワインも最高!
お店の雰囲気も良いから特別な日にはもってこいだよ。
とか紹介されました。
ちょいと金額高過ぎやしないか?とか思いましたが決めて正解でした。
直接は軽くお礼程度でしたが、本当に教えてくれてありがとうございます。

もし、この上司がこのお店から紹介してくれたお礼に紹介料を受け取ってたら、ここに完全なるアフィリエイトが成立したということです。
もちろん報酬等は多分1円も貰ってないかとは思いますが、私たちの日常でもこういう場面がよくあります。

・楽天カードを友達に紹介したら2000ポイント進呈
・LINEで紹介してくれたら500円割引
・インスタにアップしたらドリンク1杯無料
などなど。

友達に勧められて行ったお店、おすすめされて買った商品、紹介されて加入したジム…
過去を振り返ると、紹介を受けて行動していることが何度もあると思います。
逆に私たちもそうではありませんか?
カメラのことが分からない知人にカメラを紹介した、使ってよかった家電を勧めた…
それらには利益が発生していませんが、アフィリエイトの本質と全く同じです。

Point2.自分がイイ!と思ったものを他人にオススメする!

これがアフィリエイトの真髄です。実にシンプル。




■商品×集客×営業=3大原則

アフィリエイトでも、ビジネスでも、成功したいのであれば、これらの3大原則を理解し、そのスキルアップをする勉強に力をいれるべきです。

まとめると、

1.売れる商品:自分がいいと思ったもの
2.集客:その商品が好きそうな人、その商品で解決できる悩みを持ってる人
3.営業:「おすすめだよ」と伝えること

いたってシンプルです。難しく考えないでください。
そして、日々意識してほしいことがあります。
あなたの普段の日常生活の中の出来事は、

何が商品にあたるのか?
何が集客にあたるのか?
何が営業にあたるのか?

を考えてみてください。
すると「あ、これが集客か」と普段の日常経験から学べます。
より「アフィリエイトはシンプル」と思えるようになると思いますよ。

■当たり前だけど大事なこと

今回はお世話になっている方からのお話を忘れないうちにとメモしてブログ記事に殴り書きしましたが、いかがでしたか?
考えてみれば当たり前のことです。

ターゲットを決めてどんな商品が売れるのかを調査して、それに見合った商品を選定し、おすすめポイントを紹介する(この時絶対一度は自分で触ったり使ったりした方が良い!)

アフィリエイトはもちろん、ECをやっている人間ならば必ず取り入れなければならない目線を再確認しました。




日記

本当に暑い今年の夏ですが意外と普段と変わらない?

今年は暑さが続いて非常に過ごしづらい時期が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか?
まだ8月が終わってはいませんので途中のデータにはなりますが、日課で貯めていた気温と湿度のデータがありますので共有させていただきたいと思います。

■グラフ

2010年から2018年の本日までの東京のデータを8月のみに絞って折れ線グラフにしてみました。
こうやって見ると飛び抜けて今年だけが暑い訳ではないことが分かりますよね。

■まとめ

じゃあ何で今年はいつもより暑く感じるのさ?
私とて気象予報士ではありませんので詳しいことは分かりかねますが、6月後半頃から続く暑さが原因ですかね。
梅雨なんて無かったのではないかと思ってしまうくらい梅雨が短かったですからね。
7月の初めの方には明けてましたから…
例年だと梅雨の時期があるので暑い時期は今年ほど長くはありません。
気温だけではありません。
湿度から見ても今月は過去に比べて極端に蒸し暑いという訳でも無さそうです。
ただし降水量は少ないようです。
この時期賑やかな台風もあまり来ていないように感じます。
しかし、日本全国と大きく見ると発生していない訳でもありません。
都心にはほとんど影響がないルートを通ったりしていますからね。
逆走台風が発生し、発生当初は都心にも影響が出そうでしたが、終わってみればほとんど被害ありませんでしたから。
西日本の方へ逸れてしまいました。
今年は西日本豪雨などもありましたが、本当に西日本にばかり被害が重なっている状況ですね。
これ以上被害が出ないでほしいと切に願っています。
そして、台風は東日本に上陸して関東の水瓶を潤してください。
台風で無くてもとりあえず都心に雨を降らしてくださいな。
関東の水瓶が大きいとは言えこのまま続けば枯渇するでしょうから…

■終わりに

珍しく普段と全く違う内容に挑戦して見ましたが、やはり難しいですね。
たまにはこういう記事も書くことで環境についても考えていかないといけませんね!




Apple, ケース, コラボ, スマホ

iPhoneのケースについて考える

突然ですが、皆さんはスマホのケースにどのような形のものをご使用でしょうか?
特にiPhoneユーザーの方ならばたくさんの種類が店頭に行くと並んでいてどれを買うべきか迷いますよね…
今回は私が巨大スマホiPhone8plusで使っているケースをご紹介します。

■レイアウト ハイブリッドケース ミッキー+バンカーリングミッキーアイコン

レイ・アウト iPhone8 Plus / iPhone7 Plus ケース ハイブリッド ディズニーキャラクター ミッキーマウス RT-DP15U/MK

新品価格
¥1,629から
(2018/8/25 14:00時点)

ディズニー キャラクター スマホ iPhone バンカーリング マルチホルダー ミッキー アイコン ゴールド

新品価格
¥2,570から
(2018/8/25 14:00時点)


メタリックとバンカーリングのダブルミッキー♪

個人的に最強のケースではないかと思っています。
もちろん筆者がミッキー大好きということが一番の理由です。
しかし、ハイブリッドケースのため側面はTPU素材で衝撃に強く、背面はポリカーボネートなので透明度が高くて変色もしにくいのです。
そして、何よりplusは大きいですのでバンカーリングのようなものが必須。
バンカーリングにはミッキー仕様のものも売られていて、まさにミッキーづくしのiPhoneに。
落としづらい仕様に加えて、万が一落としても衝撃に強いTPU部分でしっかりガードしてくれます。
ただし、液晶側から落としてそこに突起物があった場合には残念ながら…
まあ低確率でしょうね。
ちなみにこのケースはiPhone8plusの前に使用していた7plusから使っていて、
実際に落下させてしまった際に、iPhone本体はたまたま無傷で生還したという実績があります。

■吉田カバン PORTER 手帳型ケースSEEN

(ポーター) PORTER スマホケース 携帯ケース iPhone 8 Plus対応 [SHEEN/シーン] 2.ブラウン

新品価格
¥9,720から
(2018/8/23 20:49時点)


閉じた状態


開いた状態
内側にカード入れ1つ

カバンがメインのブランド、吉田カバンから販売されている手帳型ケースです。
デザインは個人的に好みなのですが、内側が少々残念な仕様。
手帳型ケースだとよく見られる内側のカード入れの部分が残念。
理由は、縫製に使っている糸がかなり硬質で液晶に小傷が付くためです。

■GUESS 手帳型ケース

GUESS・公式ライセンス品 iPhone8Plus iPhone7Plus 専用 手帳型ケース エンボスデザイン カードホルダー付き カバー ブックタイプ アイフォン8プラス アイフォン7プラス

価格:4,200円
(2018/8/24 12:45時点)


半閉じた状態


開いた状態

LA発パリス・ヒルトンでお馴染み、アメカジ系ファッションブランドGUESSの真っ赤で派手めな手帳型ケースです。
私は赤を購入して使っていましたが、色がかなり明るい赤のため、汚れは少し目立ちやすいです。
ラインナップには黒いものもあるので汚れを気にする方は黒い方が良いかもしれませんね。
カバー外側と内側にブランドロゴが型押しで入っています。
こちらは先ほどのPORTERとは違い、ケース内側は画面に優しい液晶クリーナーと同じような材質で出来ております。
小傷が付かないどころか少しの指紋汚れでしたら、ケースを閉じていると知らない間に消えていることもしばしば。
またカードを入れるためのポケットも3つ設けられているため利便性も高い。
ただ閉じる時に使用するストッパーの磁石が弱く、簡単に開いてしまいます。
この磁力なら無い方がかさばらなくて良い。
付いている以上、もう少し磁力が強くても良いと思いますが、いかがでしょう?

■色々な形のケースを使って自分に適したケースを探してみては?

いかがでしたでしょうか。
今回は私が普段使っているケースを3種類ご紹介させていただきました。
ケースは個性が出やすいアクセサリーの一つだと思いますので、色々なケースと使い方を試して自分に適している一品を見つけてみてはいかがでしょうか?

Apple, イヤホン, パソコン

便利!AirPodsを使い始めた感想

7月20日にAirPodsを購入しておりました。
フルワイヤレスイヤホンを導入してそろそろ1ヶ月です。
生活が変わった…とまでは言いませんがかなり便利でしたので今回はその感想です。

■今回紹介するものはこちら

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

新品価格
¥17,268から
(2018/8/19 23:01時点)

■AirPodsって何よ?

出てから大分時間も経ちますのでご存知の方も多いかと思いますので軽くね。
AirPodsはAppleが販売しているフルワイヤレスイヤホンのことです。
ケーブルが一切着いておらず、その煩わしさから解放される使い勝手も見た目も軽快なイヤホンのことです。
簡単に言ってしまえば、iPhoneに付属しているイヤホンからコードを取っ払ったようなものですよ。
装着した時の見た目から「耳からうどん」なんて揶揄されることもしばしば…

■細かく見て行きます

イヤホン本体はこのような感じです。
iPhone付属のイヤホンEarPodsにそっくりですよね〜
恐らく耳側に付いている真円の黒い点が装着を感じ取るセンサーでしょうね。
ここを指で塞ぐと、耳に装着していなくても音を出すことが可能です。
そして。外側の上の部分に空いている穴を塞ぐと低音が全く出なくなります。
音が変わることからもここにも何か役割があるのでしょうね。

イヤホンの下側の銀色部分には充電の端子が付いています。
イヤホン自体はケースにしまうことで充電がされますが、そちらも空になったら別途充電する必要があります。
ケース本体はLightning端子を備えていてiPhoneと充電器を共有することが出来ます。
将来iPhoneがUSB-Cに対応したら変換が面倒になりそうですね…
Magic KeyboardもLightningですし、今更iPhoneのコネクタ形状変更は無いでしょうか…

■出来ること

1.音楽や動画の音声の聴き取り
基本的には普通のイヤホンですので、音楽や動画の視聴用途で使うことが多いと思います。
音楽を聞く時は、いわゆるカナル型イヤホンではないので満足する音量を出力すると音漏れが酷いです…
音漏れがしやすい=周囲の音が聞こえる
ですのでBGMを生活に取り入れることに相応しい
個人的には通勤の用途に使用することはストレスの素なので使用しません。

2.通話
iPhoneで音楽を使用している時に電話がかかってきてもAirPodsをつけていればそのまま通話に移ることができます。
着信音が鳴りましたら「ダブルタップ」で通話に移ります。
終話も「ダブルタップ」
そう、AirPodsの操作は基本「ダブルタップ」だけです。
この他、再生中の音楽の一時停止、曲送り等の機能を割り振ることが出来ます。
しかし、聞くと簡単に聞こえるこの操作ですが、コツを覚えないとなかなか反応してくれません…
個人的には装着した状態で耳たぶを覆うようにして軽くダブルタップすると成功率が高めという印象。
本体だけを指先でツンツンしてもなかなか反応してくれませんでした…
未だに慣れていません…

3.MacとiOS切り替えが簡単
一度でもペアリングしてしまえば再度ペアリングをし直す必要は不要!
本体からイヤホンを取り出して耳にセットしたら出力したい端末から音の出力先をご自身のAirPodsから出力にして終わり。

iPhoneでの切り替えは上ような画面を出して切り替えます。
同じAppleIDを使っている端末同士であれば簡単に切り替えが可能で楽。

Macですとこちらのサウンド環境の設定から切り替えが可能です。

■フルワイヤレスイヤホンなので電池持ちは?

単体だとそこまで良くはありません。
まあ実測4時間程度でしょう。
ですがケースに充電機構が備わっていますのでトータルでは20時間程度は持ちそう…
公式では24時間持つという想定ですが果たして…
またAirPodsをダブルタップしてSiriを起動出来る設定にしておけばSiriに、
「AirPodsのバッテリーはどの位?」と聞けば残量を細かく答えてくれますので残量確認をするときも端末を取り出す必要はありません。

■イヤホン装着が楽になるAirPods…おススメです。

今まではケーブルをほどいて真っ直ぐにしてから、装着してとかなり面倒でした。
ですがAirPodsにはそもそもケーブルが存在しないのでほどくという手間から解放されます。
ここまでなら普通のBluetoothイヤホンとそこまで変わりはありませんが、ペアリングの面ではApple製品で統一されている方なら恩恵を受けることが出来るかと思います。
ただし音質は…なのでここを気にされる方にはあまりおススメはしません。
(私は仕事中以外で音楽を聞く時には別途カナル型のイヤホンを使用しています)
業務に支障が出ないのであれば、周囲の音は良くわかりますのでBGMを流しながら仕事も出来ます。
付けておくと電話に出るときもハンズフリーですしね。
Appleユーザーなら絶対に仕事が捗る一品かと思いますので、まだ体験されてない方がもしいらっしゃいましたら是非ご検討を!




未分類

MacbookPro13とiPadPro10.5が一緒に入るケース

■今回紹介するモノはこちら

【hanano】PCインナーバッグ 防震 防水 13.3インチ pc ケース 通勤 マックブック ケース ラップトップ ノート パソコン MacBook Pro Air ウルトラブック(12インチ, ブラック)

新品価格
¥1,580から
(2018/8/14 23:09時点)

普段iPad ProとMacBook Proを両方持ち歩くようになって思ったこと…
「こいつらが同時に入るケースがあると便利だな」
そう、人間なんて欲張りな生き物なのです。
なんでも良ければ巷で売っているPCバッグを買えば十分に入るかと思いますが、
インナーバッグのようなもので両方入るものが欲しかったのです。
今回はそんな私の欲求を満たしてくれる入れ物に出会いましたのでご紹介します。
探しました…探しました…

■見つけたものはこちら

普通のインナーバッグですが、クッションがしっかり入っていてMacを入れても安心です。

更に、中には仕切りがついています!
MacとiPadを入れてもお互いが干渉して傷をつけ合う事を防いでくれるという安心仕様。
仕切りが付いているのといないのでは違います。
これがあるとMacとiPadをどちらも裸で使うということも可能かもしれませんね!

ちなみにどちらも入れてみた様子がこちらです。
いかがです?入りますでしょ?

こういうケースを求めていたのですよ。
裏地も起毛素材でガジェットに優しい仕様です。
(仕切りを隔てて片方が起毛でもう一方は普通のナイロン地?で起毛素材ではありません)

■細かい箇所

表側にはファスナー付きのポケットがついています。
参考までにサイズが分かるようにコンベックス当ててみました。

メイン部の開口は33cm位

縦に2つ並ぶポケットは開口18cm位
先日購入したSATECHIのハブがギリギリ入ります。

斜めに開くポケットは開口10cm位
iPhone8Plusが入る位でしょうか。

実用面ではまあまあと言ったところでしょうかね?
MacbookProの充電器が巨大なため、入れるとなるとかなりギリギリでした。
あまり詰め込み過ぎは良くないと思いますので、充電器を携行する場合にはiPadは別途にした方がMacに優しいかと思われます。

■まとめ

今回はMacbookとiPadが同時に収納可能なケースについてのご紹介でした。
個人的にはこのケースはそれなりに良い買い物だったと思います。
同じような悩みを持たれている方がいらっしゃいましたら検討されてみてはいかがでしょうか?

Macをお使いの方、皆さんはどのようなケースに入れて持ち運んでいますか?

パソコン, 日記

軽い!小さい!画面綺麗!なMacBookPro13インチが届いた

こんにちは。
先日、記事にもさせて頂きましたMacBook Proですが、昨日無事に手に入りました。
今回はそれの初期レビューと行きましょうじゃないですか!
(感動のあまり褒めちぎってますが悪しからず)

■学生の頃からの憧れ

遂に学生の頃から欲しかったMacが手に入りました!
何度か2017年モデルを触っていたので大きさはある程度は把握しておりましたが、
まさかここまで小さいとは…
さあ迷わず開封でございます。

画面も縁一杯までありこの大きさからは想像できない快適さ。
ただし難点を挙げるとすれば、使う本人がMacOSの使用経験があまりにも少ないこと。
ですが、何はともあれしばらく使うPCなのでどうせ直ぐに慣れますよね?

どうしてAppleのプロダクトはこうも美しいのだろうか!
電源ボタンというものがそもそも存在しておりません。
だって開けば勝手に電源入るのですもの…

とりあえず設定して立ち上げてみましたよと。

むちゃくちゃ画面綺麗じゃないか!
この解像感は興奮するわ…
早くα7RⅢの写真を映したい…まあ追々ね

■今回購入したMacの仕様

取り敢えずCPUとメモリは妥協せずに、SSDはネットでの評判等を参考に1TBで購入。
キーボードについてはiPadの時から親しみのあるUSキーボード。
これだけ盛ればまた5年は平気でしょ?

■SATECHIのハブについて

そして、先日購入したSATECHIのUSBハブをドッキング

写真だと分かりづらいかもしれませんが、ハブの方が多少緑色?
メーカーが違うので中々同じ色とは行きませんがまあ近しい色で調和が取れていると言っても良いと思います。
もちろん動作確認も取れ、問題ありませんでした。
USB-Cの接続が甘い個体があるというレビューもありましたが、一先ず私のものは問題無さそうでしたね。
熱問題については、確かに体温くらいまで暖かくはなるけど、問題にするほどでも無い。

■文字入力について

これがあまりにも便利で嬉しかったこと。
Windowsだと、
入力→変換→確定
というのが一般的な文字入力の流れでしたが、
Macは、
入力(自動変換)→確定
という流れなので非常に文字入力が速くなった。
一気に長文が打ち込めるので議事録取りには凄くありがたい機能だね。

■キーボードについて

ゴミが入り込むとキーが反応しなくなることで有名なApple独自のバタフライキーボードですが、
今回のキーボードは第3世代のものです。
Appleでは静粛性の向上という事を名目にしてはおりますが、形状からもゴミが入り込む事を防止するためのものでしょう。
完璧な防塵性能が無ければそれを前面に打ち出さない完璧主義Apple?
シリコン製のシートを噛ませることで打鍵音の低減を狙っているそうです。
確かに職場で2017年MacBook使っている人のキーボードよりは音が小さめかもしれません。

■初のMacは驚きの連続

今回初めてMacを使用し始める(厳密には触ったことはある)ので発見の連続で触ることが今は楽しいですね。
何せ40万近いお値段のものですからそれなりに満足度が高くないと困っちゃいます笑
操作があまりにも慣れないので、とりあえずは早く慣れてクリエイティブな人間になります!

パソコン

SATECHI(サテチ) V2 マルチ USB ハブ Type-Cを買ってみた

連日猛暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
私はと言いますと、
先日記事にしたMacbookPro13インチの2018年モデルを注文しました!
明日AppleStoreにて受け取り予定ですので、そちらは後日改めて記事にまとめたいと思います!
さて今回はMacbookProを使い始めることに先立ちまして、

「Satechi V2 マルチ USB ハブ Type-C」

という変換ハブを購入してみました。
Amazonで注文したため早めに届いてしまいました(汗)
まだMacが手元に無いので開封と気づいたことについてまとめたいと思います。
(果たして動くのだろうか…)

■パッケージ外観

表側ですが、落ち着いた雰囲気のパッケージでとても好感が持てます。

裏側にはポートの説明
これだけ刺さればもはやこれだけで良い気もしますね。

■開封と外観

箱から出した場面
今回私はMacbookProのスペースグレーを注文しましたので、こちらもスペースグレーを購入。
中身はこれだけで説明書や保証書等の書類も入っておりません。

ポートイメージ1
こちら側にはUSB3.0のポートが3つとHDMIポート
USB3.0のポートですが、SATECHIのロゴを表にすると大抵のUSBメモリ等は全て裏返しで差し込む仕様です。
これは如何なものか…
HDMIについては4Kのビデオ出力に対応していると箱に記載がありました。
自宅に4Kモニター無いですが…

ポートイメージ2
大事な部分が暗くて見づらいですが、SDカードスロットとmicroSDスロットが1つずつあります。
これ無いと不便で仕方ないですね。

ポートイメージ3
イーサネットのポートとUSB-Cの端子があります。
USB-Cはパススルー充電に対応しているため、Proでない無印のMacbookをお使いの方も使い易い仕様です。

■その他気になった点

microSDのスロットですが、奥まで押し込んでロックが掛かり、取り外す時は一度中に押し込むと飛び出てくるタイプのスロットです。
ここまでは良いのですが、何せ一度差し込むと写真のようにフラットになってしまい取り外しがしにくいです。
爪を切ったばかりの状態だとかなり面倒なことになりそうです。

本体がアルミニウムデザインで非常に質感高いのですが、小傷が付き易いだろうという印象を受けました。
一応私はSATECHIのロゴを表に向けて使用したいと考えていますので思い切って裏側にはゴム製のパッドを貼りました。
ホームセンターで売っている滑り止めシートが手元にあったので適当にカットして貼り付けただけです。
裏側はデスクに直接当たる面で傷も付き易いと思いますし、本来が滑り止め用途ですので軽くデスクにくっつくような仕様になりました。
かなり実用面では便利になったのではないかと思いますので実務への投入が楽しみです。

■デザインやポートの種類や数は素晴らしい

とりあえず現状で気になった点は以上です。
デザインはMacbook等のApple製品に非常にマッチしそうなものでグッド。
ポートの種類も頻繁に使用するものは一通り揃っていますし、USB3.0も3つ備えているのでこちらも安心感あるかと思います。
ただ、クチコミでは実際に使用するとかなり熱を持つらしいのでそちらの体感も後々レビュー出来ればと思います。
明日以降、MacbookProで実際に使用してみてレビューを追記したいと思います。

■今回紹介した商品はこちら

Satechi V2 マルチ USB ハブ Type-C パススルー充電 4K HDMI出力 カードリーダー USB3.0ポートx3 (スペースグレイ)

新品価格
¥8,499から
(2018/8/5 21:25時点)