3月

3月16日の誕生花〜ジンチョウゲ〜

今日は3月16日、国立公園指定記念日だそうです。
これは、1934年3月16日に当時の内務省が、瀬戸内海・雲仙(現在の雲仙天草)・霧島(現在の霧島屋久)の3か所を国立公園に指定し、日本初の国立公園が誕生したことに由来しています。

そんな3月16日の誕生花は、
「ジンチョウゲ」
というお花です。

今日はこのジンチョウゲについてご紹介します。

目次
◆特徴
◆花言葉
◆育てる際に気をつけたいこと

◆特徴

ジンチョウゲ

ジンチョウゲ(沈丁花は、香りのよい花を早春に咲かせる常緑の花木です。
漢名では瑞香、別名輪丁花とも呼ばれ、原産地は中国南部だとされています。
日本では室町時代頃にはすでに栽培がされていたと言われています。

葉脈が見え無い細長い葉が特徴的で、枝の先に輪を描くように集まって生えます。
2月から4月頃、枝の先にピンクや白の花をつけ、非常に良い香りがすることでも知られています。
その香りは、夏のクチナシや秋のキンモクセイと共に三大芳香花と呼ばれます。

落ち着いた雰囲気なので、和風の庭にもよく合います。
玄関先や庭先に植えて香りを楽しむのがおすすめです。
2月から咲き始めるので、他の春の花よりやや早く、ポイント的に使うと季節感の演出になります。

◆花言葉

・不死、永遠、不滅

沈丁花が常緑樹で、季節を問わず美しい緑の葉をたたえる沈丁花を見て、このような花言葉が付けられました。

・青春のよろこび、歓迎、甘美な思い出

沈丁花のもつ良い香りからイメージしてつけられた花言葉です。

◆育てる際に気をつけたいこと

育てる場所の選定や土づくりが大事な樹木です。
水はけの極端に悪い場所やその逆に乾きやすい場所、日当たりの良過ぎる場所は避けます。
植えつける際は腐葉土を多めに混ぜ肥沃な土にしておきます。
苗から育てるのが一般的で、鉢植えでも地植えでも栽培できます。
植えつけは、新芽が伸び始める前の3月下旬~4月下旬、または9月下旬~10月下旬が適期です。
条件さえ悪くなければほとんど手間がかからず、初心者にもおすすめの樹種の一つです。


主な引用・参考元
みんなの趣味の園芸