Apple

【感想】iPadPro12.9inch2018を使い始めて

iPadPro12.9inchを使い始めてから早2ヶ月。
画面も10.5inchに比べて大きくなったため、かなり使いやすい。
2世代目になったApple Pencilもメモを手書きする時にはかなり便利!
何より本体側面に磁力で保持出来るのは持ち運びにかなり重宝している。
今回はiPadPro12.9inch2018を使ってみての感想を綴りたい。

■前回まで使っていた10.5inchから12.9inchへ

12.9inchを購入するまでは先代Proシリーズの10.5inchを使っていました。
というのは前に書いた記事でも述べました。
大きな違いは3つ。

1.大画面化

当然ですが、画面が大きくなり見た目も大きさも全然違います。
非常に見やすくなり、お絵描きやプレゼン資料の作成時には大変重宝しています。
ただ、重さはかなりズッシリという感じです。
質量が増えてその分だけ重さが増えた〜という感じ以上に重くなっている感じ。
10.5inchが477gに対して、
12.9inchは633gと150g以上重いんです。
ちなみにiPhoneXSが177gなのでこれに近いくらいの重量差があります
当然大きくなれば持ち運びにも少なからず影響が出ますが比較対象がiPad miniでもなければそこまで気になりません。

2.第2世代のApple Pencilへの対応

前のPencilに比べて、短くなってツヤがなくなりました。
ややsurfaceのスタイラスに似た印象です。
何より磁石の力でiPad Proの側面にくっつくのは大きなメリット。
そして付随してのメリットとして、くっつく面は平らに仕上げられているため単体でデスクに置いておいても転がりづらい利点もあります。
また、側面をダブルタップすることでメモ上では予め設定している機能に瞬時に切り替えが可能。
私はデフォルトの消しゴムツールを設定していますが、殴り書きでメモを取る際にはかなり重宝しています。
細かい時間の短縮がストレスを軽減してくれますからね!

3.FaceID

iPhoneではXより採用されていて賛否両論のこの認証機能。
こればかりはiPadに採用するのはどうだろうと考えていました。
しかし、使い始めるとこれが便利。
あまり顔が近いと認識されないことが多いですが、画面が縦でも横でも認識する寛容さはiPhoneのそれには無い便利さ。
ただ、デスクに平置きして作業始める時などは一度のぞきこむ必要が出るため、わりと不便なこともしばしば。
この点は画面見なくても認証するTouchIDが便利ですね。