備忘録

モチベーションの維持策

日々何気なく過ごしていませんか?
目標や向上心を失えば社会から取り残されるまでです。
世の中弱者切捨が現実ですからね。

さて、今回は「一度高めたモチベーションを維持する方法」についてある方から助言を頂きました。
とても参考になりましたので備忘録も兼ねて共有させて頂きます。
少々長文ですが、きっと役に立つ内容だと思います!

モチベーションは、どんな分野でも必須エネルギー源です。
business-1989126_1920

スポーツや勉強、恋愛、ビジネス、どれを取っても今以上の結果を出したい時には必ず重要な要素となります。
書店に行くとモチベーションの上げ方なる本がズラリと並んでいるのを自己啓発本のコーナーなどでよく見かけますよね?
そんなに皆さんモチベーションを上げる方法に困っているのでしょうか…
モチベーションが上がらない理由の最大の原因は、自分の本当に得たい目標や夢がないことが一因ではないでしょうかと思っています。
モチベーション⇒行動するための動機です。
何がキッカケでやる気スイッチがONになるかは人それぞれです。
モチベーションが維持できるということは、前向きに進むエネルギーに満ち溢れ人間として魅力的な存在ということです。
維持した結果、自分自身が思い描いていた理想を引き寄せて手に入れることができます。
そして結果を出せたことにより自信がつき、更に人間性が高まります。
そのためにこれからお話するモチベーション維持のための3つの方法を知ってください。

1.自分の本当の欲を知る
write-593333_1920

これを知るだけで、モチベーションに関する悩みの80%は解決されるでしょう。
ここで1つ質問です。
あれが欲しい、これが欲しい等様々な欲があると思いますが、それらはあなたが心の底から本当に得たい欲望でしょうか?
大半の人は自分の夢だと思っていますが、無意識に他人の影響を受けてるのが僕ら人間です。
周りが持ってるから、周りがこうなってるから、だから自分もそうなりたい!
と思ってるパターンがほとんどです。
他人の夢が自分の夢になってる人が多いです。
その状態ですと、モチベーションは上がりませんので、まずは自分の本当の欲望を知ることから始めましょう。
ただ自分の本当の欲望を知ることは、ただ頭で考えても中々見つけることができないのが厄介なのです。
そこで実践頂きたいのが、自分の思いつくだけの欲望を紙に書き出すこと。
自分が欲しい、なりたい、という理想を、1つ1つ紙に書き出します。
これにより脳が整理され、書き出した数々の欲望の中から本当に自分が得たいと思う欲望つまり夢が明確になります。
モチベーションは動機であり、行動するための原動力です。
目的地(夢や目標)が正確に定まってないと、行動できません。
モチベーションを上げっぱなしにする方法で何より一番重要なのが夢を明確にすることです。
どんな場所に住んで、何時間仕事をして、何時から何時まで遊んで、どんな食事をして、どんな趣味を持って等々を想像しながら具体的に事細かく書き出します。
その結果、自身の頭の中には理想とするライフスタイル像が脳にこびりつくくらい描かれ、それを手に入れたい!というモチベーションが高まり、遊びよりビジネス優先という行動力を生み出します。
再度伝えますが「モチベーションは動機」です。
モチベーションが上がらない、モチベーションが下がってしまう等のモチベーションの悩みの原因は、自分が本当に得たい夢や目標が明確になっていないだけです。
本当に欲しいもの得たいものがあれば人は全力になります。
モチベーションは維持できます!

頭の中にある本物の欲望を書き出すステップ

以下のステップを順に実践し、あなたが本当に得たい!と思ってる欲望を発見しましょう。

本物欲を知るステップ1:頭の中にあるすべての欲望を書き出す

・欲しいもの
・成りたい自分
・行きたい場所
・やりたいこと
・手にしたい結果
・達成したこと
何も考えずにパッと思い浮かんだものをどんどん書き出します。
無理やり絞り出すのでかなり効果的です。
俺こんな欲望があるんだ!と新たな発見があるかもしれません。

本物欲を知るステップ2:ステップ1で書き出した欲望を4つのカテゴリーに分ける

健康・仕事・人間関係・資産の4つのカテゴリです。
ポイントはカテゴリーに属さない欲望はすべて捨てるということです。

本物欲を知るステップステップ3:それぞれのカテゴリーでNo.1を選ぶ

No.1以外はすべて捨てます。すると合計で4つの目標ができます。
結局色々書き出したのに、最終的になぜ4つにまとめるの?と疑問に思うかもしれませんが、決めたNo.1を達成できると、必然とNo.2以降の目標も達成できてしまうからです。

また選択肢を少なくすればするほど、集中力が高まり、モチベーションが高まることにつながります。
サッカーのプロ選手であり、野球のプロ選手でもある人っていないですよね?
1つのジャンルに絞って徹底的に追うことが大事です。

モチベーションを保つステップ:3ヶ月後と3年後(短期的、長期的)なプランを立てること

4つに絞った本物の欲を叶えるために、何をするべきなのか?
毎日の行動に落とし込むため、3ヶ月後、3年後の短期的と、中期的なプランを立てます。

3年後の自分、そのために3ヶ月ごとにこんなプランで行動を起こしていこう!と落とし込むことが大事です。

発見した本物の欲、それを叶えるプラン、この2つを常に忘れず脳に再インストールできれば、感情からモチベーション維持に繋がります。

2.弱い自分を受け入れる


プランを立ててもプラン通りできないのが人間。
僕ら人間はどうしても「弱い生き物」です。

甘え、逃げ、言い訳、目先の快楽、先延ばし、プライド、楽な環境・・・
様々な邪魔が存在します。
何か1つのことに集中しようとモチベーションが一時的に上がっても、目の前にある快楽には走ってしまい、集中力が散漫になってしまいます。
僕らのカラダは、貯金、ダイエット、勉強、ビジネスなどで成功できないカラダになっているんです。
ダイエットしようと思っても目の前に甘いものがあれば食べちゃいます。
ビジネスで稼ぎたい!と遊ばず寝ずに頑張ろう!ってやる気を出しても、飲みの誘いがあれば行っちゃいます。
お酒を飲んで眠くなったら睡魔には勝てません。
そうなんです、僕らは本能(欲望)は勝てないのです。
なので私たちがそういう生き物だと理解することがまず大事です。
だからといって本能に素直になっててもダメです。
自分自身をコントロールすることを意識しましょう。
本能に負けないコツは、
「欲を見ない」ことです。

ダイエットのモチベーションを高めるなら、インスタなどのSNSを見てれば飯テロに遭います。皆美味しそうな食事の写メばっか上げてるから必然的に食欲が湧いてきてしまいます。
自分で欲から逃げる為の「ルールを作る」ことが重要です。

ルールがなければ欲に振り回され、結果、何にも成功できない人間になります。
他人も時間もコントロールはできません。コントロールできるのは自分自身だけです。

3.成功回避不可能システム

本やセミナーなどで話されているような成功法則には2つの方法があります。
・目標を決めて達成する方法(日本人は苦手のようです)
・目の前の問題を1つずつ解決していく方法(日本人の80%はこっちが好き)
ですが、新たな3つ目の方法があります。この方法を実践すると、成功から逃げられなくなる強力すぎる方法です。
それが、
成功回避不可能な状況を作ること

要は自分自身をやらなければならない状況に持っていくことです。
例えば、ハワイに行きたい!そのために貯金しないと!と思ってるだけでは貯金ができません。
先にハワイへの航空券とホテルを予約してしまうことです。
予約してしまえば支払いの期限が設けられ、貯金をするしかなくなります。
僕らは本能に逆らえない生き物なので、やるしかないという状況、つまり成功回避不可能なシステム作りをすることが非常に重要になります。

モチベーションをあげるには、
・自分の本当の欲を知る

・弱い自分を受け入れる

・成功回避不可能な状況に持っていく

この3点です。

他人の夢でなく、自分が心の底から得たいと思う本物の欲望が「あなたの夢や目標」になります。
その夢や目標を叶えるために、プランを立てますが、人間は目先の快楽など本能に逆らえない弱い生き物だと認め、弱い生き物だからこそ、成功から逃げられない状況を作る努力が必要です。
このモチベーションを上げっぱなしにする3つの方法を実施すれば、「モチベーション」なんて言葉使う必要がありません。
無意識にふつふつとやる気がみなぎる精神状態が作り出せます。

久々の長文に手が疲れましたのでこの程度にしておきます。
ですが絶対に有益な内容だったと思います。
ぜひ読み返して頂き、実践し、モチベーションの悩みを解決してください。そして自分の本当に得たい目標、結果を手に入れてください。