未分類

今の何も無い平和な毎日を過ごして老化してもいいのでしょうか

DSC00074

私事、4月より新しい環境で仕事をさせて頂いております。
今までの仕事があまりにも楽過ぎて怠けていた自分を正す毎日です。
新しい職場の近くの鳥白湯のお店が美味しくて毎昼楽しみです(笑)

さて、辞めてから今日まで様々な方から質問や意見を頂戴しました。

・大手企業に勤めていたのに勿体ない。
・やりたかった仕事に就けたのに良いの?
・そこそこ良い待遇なのに勿体ない。
・きちんと休みも取れるし羨ましかった。
・人間関係上手く行かなかったの?
 などなど。

私は自慢ではないですが、某大手企業にて働いておりました。
確かに有名な企業に入れて両親は鼻高々だったでしょう。
自慢して近所や親戚方に言いまわってました。
また決まった当初は私も満足してましたよ。
しかし実際に業務をこなしてみて思ったことが一つ。

仕事って会社名で選ぶものなのだろうか?

正直、働いてみないとこればかりは分かりませんよね。
少なくとも私は働いてみて何か違うんだよな…と感じました。
もちろん、明確にこれじゃないとはその時点では思いませんでした。
ですので思い立ったから直ぐに辞めましたではなかったのです。
(思い返せばこの時点で辞めていたら楽だったかもしれません)
その後明確に辞める理由が見つかったために退職願を書いて部長に報告しました。
辞める理由は人それぞれかと思いますが、私はこう考えました。

就職してから私が新たに得たものはどの位あるか。

これを自問自答して実はあまり無いのではないだろうかと思いました。
まあ大手でしたので急に倒産なんてことは考えづらいですが、
切られた時に他で役立つスキルは身に着いたとは思えませんでした。
身に着いたものを挙げてみてもそこでしか役に立たないものばかりです。
日々同じような仕事ばかりロボットのようにこなしているとこうなります。
私はロボットの代わりに仕事をしているのは耐えられず、退職しました。

新社会人の皆さん、まずは最初から結論はあえて出さずに2、3年は働いてみましょう。
辞めるのはそれからでも遅くはありません。
何よりあまり早く辞めすぎると次見つけるのが大変でしょうから…
あ、転職ではなく起業でしたら話は別です。
これは早いに越したことはありません。
起業は早い者勝ちですからね!

結論としては、

他人(会社)の利益ばかり考えるのではなく、自分の利益も考えるべき

ということでしょうか。
思いやり精神、ゆずりあい精神、前へならえ
とにかく日本人は生ぬるい考え方を持ちがちです。
そんな奴らは放置して前へ前へ今日の突風に立ち向かうように力強く前進しましょう。
何も無くただ時間が過ぎていくこと程残念な人生はありません。
ゆずりあいからは怠けしか生まれません。
挑戦・反抗すれば必ず得られるものがあります。
刺激的な毎日を送っている方は恵まれている証拠です。

以上

あとがき
私が最近読み返すことが多い本です。良かったら読んでみてください。
ソニーの原点が学べると同時に盛田さんのチャレンジ精神に感服し続ける作品です。

ソニー 盛田昭夫―――“時代の才能”を本気にさせたリーダー

新品価格
¥2,376から
(2018/4/6 21:22時点)